パソコンのセキュリティ対策

パソコンの一番のセキュリティ対策は使用者の意識

パソコンのセキュリティ対策 パソコンのセキュリティ対策においては専用のソフトでガードすることももちろん大切なことですが、私はパソコンを使う人の意識が一番大切だと思います。いくら対策ソフトを入れていても、新しいウィルスに対しては効き目はありませんので、少しでも怪しいと思ったメールやWEBページは開かないという使用者の意識が最も有効な手段です。スパイウェアが巧妙になってきているとはいえ、今でもウィルスの感染ルートはメールがほとんどです。最も多いのはメールに添付されているファイルを開くことで感染するケースです。つまりよく分からない添付ファイルをクリックさえしなければ、感染する確率は低いと言えます。

発信元がハッキリしないメールに添付されたファイルを不用意にクリックする人は少ないと思いますが、知り合いからのメールなら開いてしまう人も多いのではないでしょうか。しかしこれは大変危険です。感染した人のメールソフトのアドレス帳に登録されている人全員に発信するように細工されたウィルスメールが多く存在するからです。たとえアドレス帳に登録してある知り合いからのメールであっても、内容が不自然で添付ファイルにも何が書いてあるか分からないような場合には、メールを無視するのが一番のセキュリティ対策です。

注目リンク

Copyright (C)2022パソコンのセキュリティ対策.All rights reserved.