パソコンのセキュリティ対策

セキュリティ対策に欠かせないアップデート

パソコンのセキュリティ対策 パソコンなどを使ってインターネットをする人は、パソコンを動かしているオペレーションシステムの脆弱性について知っておいていただきたいと思います。インターネットに接続しているコンピュータには必ず脆弱性、つまり弱点があると言えます。欠点がない人間がいないのと同様に、OSやその他のソフトウェアにも必ず弱点があります。ですから弱点があるから欠陥品だというわけではありません。しかし弱点をそのままにしておけばセキュリティに問題があります。弱点を修正するためにアップデートをする必要があります。

パソコンを使っていると、たびたびソフトやOSのアップデートの知らせがくることと思います。時には時間がかかるアップデートもあり、面倒だと思う人もいることでしょう。しかしこれをしておかないと、弱点をそのままにしてセキュリティ対策をしていない状態になります。脆弱性が見つかるとその都度修正プログラムが作られます。それをインストールするためのアップデートです。OSともなると、アップデートは自動的に更新されるようになっています。自動更新機能を無効にしている人は、すぐに有効にしておきましょう。修正プログラムを作らなくなったソフトを、サポートが終わった、と表現します。サポートが終わったOSやソフトは、新しく発見された脆弱性に対する修正プログラムが作られないため、使い続けるのは危険です。

注目リンク

Copyright (C)2022パソコンのセキュリティ対策.All rights reserved.