パソコンのセキュリティ対策

メールのセキュリティを万全にするならプレビュー機能をオフに

パソコンのセキュリティ対策 インターネットを通じて感染するウィルスソフトの多くがメール経由であることは、多くの方がご存知のことと思います。不審なメール、添付ファイルは開かないというのも、メールのセキュリティ対策としてもはや常識でしょう。しかしそれだけでは充分ではありません。添付ファイルを開かなくても、メールを開いただけで感染するウィルスも多数見つかっています。もちろんメールを開かなければ大丈夫ですが、ここに落とし穴があることも事実です。それは、プレビュー機能です。メールソフトの種類にもよりますが、大抵のメールソフトにはダブルクリックしてメールを開かなくても本文が見られるプレビュー機能があります。

私が使っているメールソフトを例にとりますと、左側に受信トレイや送信トレイ、下書きなどのメニューがあり、受信トレイにカーソルを合わせると、右側の上半分に受信したメールの一覧が出て、その下にプレビュー画面が見られるスペースがあります。受信したメールにカーソルを合わせると、開いていなくても中身が見られるという機能です。いちいちダブルクリックしなくても中身が見られるので大変便利で、皆さんこの機能をお使いのことと思います。しかしこれでメールを開いたのと同じ扱いになり、ウィルスに感染する場合があります。セキュリティを万全にするなら、この機能をオフにするべきでしょう。

注目リンク

Copyright (C)2022パソコンのセキュリティ対策.All rights reserved.